キン肉マンの息子達の大活躍物語キン肉マン二世

smart

キン肉マンが一時連載を完全に終了し20世紀もいよいよ終わろうかとしてる頃、週間プレイボーイからキン肉マン二世がスタートしました。

出だしから初代キン肉マンやラーメンマンがヨボヨボすぎて見る気が失せたという人が多くて二世だからどうなの?という固定観念で二世はそんなに人気が出なくて残念に思ってます。

しかし、その固定観念は読み進めると見事なまでに粉砕されます。

敵も味方も心理描写とか背景描写が飛躍的に進化してます。

嘆く救世主カオスとか、過去にタイムスリップした60歳のネプチューンマンの最強になるための諦めぬ夢、万太郎のピンチをチャンスに変えるミラクルパワーとか 心理学的にみてなるほどと思えるほど内面を丁寧に描いてます。

また、シリーズも大きくわかれています。夢のタッグトーナメント編、超人オリンピック編、まさかの若返りアシュラマンらが登場するデモンズシールド編とか、伝説超人と新世代超人どっちが強いのという疑問にも多く答えています。

コメントを残す